フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 分割式レイアウトの作成-第1期編-2 | トップページ | 分割式レイアウトの作成-第1期編-4 »

2007年10月23日 (火)

分割式レイアウトの作成-第1期編-3

2007年4月14日

F1000265 駅右側(といってもわかりづらいと思いますが・・・)立体交差へのアプローチ部分です。勾配の途中で板が分割されています。基本的に平坦な部分はバリアブル・レールで接続しますが、勾配部分はTOMIXの140ストレートレールでつなげます。

F1000262 板を並べてみました。12畳のリビングを全面的に使います。両親も最初は難色を示していましたが、自分の熱意をやる気に負けたようです。

板と板の間に段差がありますが、これは下に新聞を入れて解消します。

実は、この板に下書き等はしていません。定規で寸法を測ってあとは直接レールを釘で固定しています。駅の両側の部分から勾配部分を作成して、最後に高架部分で接続しようと考えております。

レイアウター上では接続可能ですが、はたして上手くいくのでしょうか・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

« 分割式レイアウトの作成-第1期編-2 | トップページ | 分割式レイアウトの作成-第1期編-4 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分割式レイアウトの作成-第1期編-3:

« 分割式レイアウトの作成-第1期編-2 | トップページ | 分割式レイアウトの作成-第1期編-4 »

無料ブログはココログ