フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 所有車両の紹介-2 | トップページ | 分割式レイアウトの作成-第2期編-3 »

2007年11月18日 (日)

分割式レイアウトの作成-第2期編-2

2007年5月3日

ゴールデン・ウィーク真っ只中。どこへ行っても混んでるし、家でレイアウトの作成でもしますかね。

F1000224

バックストレート部分です。

高架へのアプローチ部分。実はこの高架へ坂を上る部分にどうしてもレイアウトボード同士のつなぎ目が来てしまいます。うーん、どうやって線路を連結させようか。

連結部分はバリアブルレールの使用を考えています。

そこで、考えたのが高架の高さと同じ発砲スチロールを使用して、土台をつくり、その上でバリアブルレールで連結させよう。

F1000226


発砲スチロールって切るの大変ですね。高さを揃えたつもりですが、切ってる間にちょっと曲がったり、板自体が若干ゆがんだりしているので、高さのずれが生じてしまいます。

試験走行させてみた感じ、そんなに支障がなかったので、この工法で高架部分の線路の連結は行っていこうと思います。

« 所有車両の紹介-2 | トップページ | 分割式レイアウトの作成-第2期編-3 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分割式レイアウトの作成-第2期編-2:

« 所有車両の紹介-2 | トップページ | 分割式レイアウトの作成-第2期編-3 »

無料ブログはココログ