フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月15日 (火)

車両購入予定~2008年4月

久々に鉄道模型の話題です。

仕事が忙しくなってからは、模型に手を出す時間があまりなくなってしまっています。

購入のペースも若干落とすことになりそうですが、現在予約中のものは購入します。


<2008年3月中に購入したもの>
・209系5000番八高線色4両セット(限定品)(TOMIX)中古
・103系オレンジ4両セット+サハ103オレンジ2両(KATO旧製品)中古
・E233系 中央線色基本・増結Iセット(TOMIX)新品
・201系 中央線色基本6両+増結4両セット(KATO)新品
・311系 シングルアームパンタ・床下グレー(マイクロエース)中古ヤフーオークション
・211系 東北・高崎線基本セット(TOMIX)新品
・タキ35000 日本陸運産業色8両セット+2両セット(KAWAI)新品
・東京メトロ07系 有楽町線10両(マイクロエース)新品ヤフーオークション


<2008年4月以降購入予定のもの>
・313系基本4両+増結2両(KATO)・・・未予約(4月予定)
・373系増結3両セット・・・未予約(TOMIX・4月予定)
・253系 成田エクスプレス 基本6両セット(KATO)・・・予約済み(5月予定)
・EF65-1118・・・未予約(KATO・4月新製品予定)
・205系横浜線色8両セット・・・予約予定(KATO・6月以降予定)
・ワム80000 2両(TOMIX・4月新品購入済み)
・ワム380000 2両(TOMIX・4月新品購入済み)
・ワム80000 4両・・・未予約(KATO・5月予定)
・タキ1900三菱鉱業セメント 4両・・・未予約(KATO・6月以降予定)
・DE10 1両・・・未予約(TOMIX・5月予定)


<検討中のもの>
・400系つばさ・新塗装7両・・・未予約(TOMIX・5月以降予定)
・115系1000番代 中央線 セット(TOMIX)
・205系 山手線(KATO)
・209系0番 南武線(TOMIX)
・E233系中央線色6+4両セット(KATO)(新規)
・E351系 スーパーあずさ(KATO)
・485系 日光・きぬがわ(ラウンドハウス)
・201系 四季彩(ラウンドハウス)
・12系お座敷客車「くつろぎ」(新色)(TOMIX)(新規)
・EH200(KATO)(新規)

<GMキット作成>

・西武 新101系 2両(M車)・・・完成
・西武 501系(タイプ) 2両(T車)・・・完成
・西武 新101系 4両(M車)・・・完成
・西武 3000系(タイプ)クハ1両・・・完成
・京王 8000系4両トータルセット・・・完成

こうまとめてみると、3月は怒涛の入線となっております。少々、予算オーバーしておりますが、07系有楽町線などは、定価より安く購入できたので満足しております。

KATOより発売がおくれた、中央線E233系がTOMIXより発売されました。予約していたので無事購入。しかも、KATOから再販された201系10両セットとの同時入線となりました。

GMキットでは、西武以外の私鉄としてははじめての入線となる、京王8000系4両が完成しています。今後もちょっとずづ私鉄のバリエーションを増やしていきたいと思っています。次は小田急あたりを考えています。

2008年4月14日 (月)

2008年6月14日ダイヤ改正!!(西武新宿線編)

前回に引き続き、2008年6月14日に行われる西武鉄道のダイヤ改正について考えてみたいと思う。

今回は、地元を走っている西武新宿線編です。

西武新宿線での大きな「目玉」は、なんといっても新種別「拝島快速」の設定です。

率直な感想は、種別に「拝島」を入れる必要があったのか少し疑問があります。
以前、西武新宿線には「快速」という種別がありました。

その昔は、朝通勤時間帯の本川越始発の急行が「鷺ノ宮」を通過、拝島・西武遊園地始発の急行が「上石神井」を通過するという、千鳥式のダイヤを設定していました。(現在所有している「西武時刻表第9号・第10号」で確認)

しかし、同じ急行で停車駅が違うという誤解を招く可能性が非常に高かったため、西武新宿線に特急レッドアローが定期列車として設定された平成5年12月6日のダイヤ改正(西武時刻表11号)から、本川越始発の鷺ノ宮通過の種別が「通勤急行」、拝島・西武遊園地始発の上石神井通過の種別が「快速」という設定になりました。

このダイヤが変わったのが、中村橋~練馬高野台が複々線化された平成13年12月15日のダイヤ改正(西武時刻表第17号)でした。このダイヤ改正で今までの通勤急行と快速が、すべて上石神井・鷺ノ宮に停車する急行に統一、本川越始発の新「通勤急行」の設定がなされています。

この経緯を踏まえて、新「快速」の設定で、よかったと思いますが、あえて「拝島快速」と付け加えたのはなんらかの理由があるのでしょうか。中央線・青梅線との競争でしょうか。

中央線・青梅線との競争にこの「拝島快速」は勝てるのか!?

この拝島快速の停車駅は高田馬場・鷺ノ宮・上石神井・田無・小平・玉川上水・武蔵砂川・西武立川となっています。花小金井通過はわかりますが、萩山・小川通過の時点で乗り換え客は想定していないことになります。また、東大和市通過も、この駅からの乗客は想定されていません。もちろん、田無~玉川上水間の折り返し運転により、本数減にはなりませんが、今の急行と違って乗換えをしなければならなくなり、利便性が若干落ちる可能性があります。

所要時間は43分となっています。中央線青梅特別快速を新宿から拝島まで乗車した場合、日中はだいたい38分なので、所要時間は中央線の方が早いことになります。

では、この拝島快速は日中何本運転されるのか。

想像するに、現在走っている急行2本をそのまま拝島快速にする可能性が高いと思っています。もしくは、1本拝島快速、1本急行のままなのか。

2本拝島快速にした場合、中央線は青梅特別快速は1本なので西武線の方が利便性は上になります。中央線はもう1本快速での青梅線直通が日中走っていますが、新宿~拝島までの所要時間が1時間を越えます。本数的にも時間的にも西武線の方が計算しやすいですね。

さて、もう一つの改正内容として、国分寺線からの本川越までの直通電車が運転されます。

西武線の原点となる、川越鉄道の区間の運転ということで、これまた面白い内容でありますが、この内容が意味するものは・・・。

現在のダイヤでは、国分寺始発の新所沢行きが1時間に1本走っていますが、新所沢で先行して走っていた本川越行き(急行)と待ち合わせしています。この必要がなくなります。

逆に、この国分寺からの本川越行きが西武新宿からの新所沢行きと待ち合わせをする可能性があります。もちろん、待ち合わせをしなくても、新所沢行きを先行して走らせておけば、自然と待ち合わせをすることになります。

さて、この西武新宿からの新所沢行きの種別ですが、現在は急行です。今までどおりいけば、急行のままになるのでしょうが、個人的には準急でいいのでは?と思っています。やはり、遠いところに行く列車の方が、種別が格上の方がいいと思います。

これらの点にも注目してみたいと思います。

2008年4月 9日 (水)

2008年6月14日ダイヤ改正!!(西武池袋線・地下鉄副都心線編)

久々の更新になります。

ようやくちょっと落ち着きました。といっても、より忙しくなるのはこれから・・・。

とりあえず、更新できるときは更新したいと思います。

さて、先月27日の話になりますが、西武・東武・東京メトロの各HPにて6月14日のダイヤ改正について、一斉に発表がありました。


主に、東京メトロ副都心線開通にともなう、直通運転開始というのが、大きな見出しとなっております。

地元の西武鉄道のダイヤ改正について、少し考えてみたいと思います。


<池袋線>

朝は、副都心線乗り入れ渋谷行きが、飯能始発快速が4本、途中駅始発(小手指・清瀬・練馬高野台?)普通が2本の6本が設定されます。

新木場方面へは、準急が4本、普通が2本の6本というところでしょうか。

そうなると、朝の西武池袋への優等列車は、急行・通勤急行・快速急行・通勤準急のみとなります。快速4本が地下鉄に乗り入れるので、その分、豊島園からの各駅停車の本数が増えるのでしょうか。

日中は、渋谷方面に4本乗り入れます。飯能始発快速が2本、清瀬始発普通が2本。新木場方面へは、小手指発準急が2本、清瀬始発普通が2本といったところでしょうか。小手指始発の準急が設定されたので、所沢始発の準急池袋行きはどうなってしまうのか見ものです。

夕刻下りは、副都心線渋谷方面から4本、西武線の直通電車の設定があります。そうなると、新木場方面からも4本ということが考えられます。(現在は新木場方面から5本、新線池袋から1本の6本)

夕刻の時間帯のみ、発表資料には詳しく書かれていませんので、行き先、種別ともに決まったパターンがないのかも知れません。そこで、大胆予想してみました。

渋谷始発 快速飯能行き2本、普通清瀬行き2本
新木場発 準急小手指行き2本、普通所沢行き2本

このダイヤだと、西武池袋始発の飯能行きが急行4本しか設定できなくなってしまいます。(たぶん、飯能より先は6本以上はないと思います。そうなると、快速小手指行き1本、快速飯能行き1本などが考えられるでしょうか。

いずれにせよ、新木場始発の快速飯能行きはなくなってしまうのではないのでしょうか。

一つ疑問があります。

東京メトロ発表の資料には、優等列車の種別は、急行・通勤急行・準急の3種類しかありません。そうなると、西武線の快速列車は小竹向原で種別が変わるということでしょうか。快速のまま停車駅が設定されているのでしょうか。

東武東上線からの列車も和光市で種別が変わる列車がありそうですね。東上線内はすべて各駅停車のようですが、東京メトロ内はすべての種別の可能性があります。

また、西武線からの準急新木場行きは、小竹向原で種別を変えず、準急のまま行けば、千川・要町が通過となります。小竹向原で種別を変えるのでしょうか。

できれば、新木場までの間で優等列車の設定をして欲しかったですね。

ダイヤ改正が楽しみです。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ