フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その6)~山形から酒田へ快速最上川に乗車する。 | トップページ | 【模型】異動記念にJR四国の車両を初入線です。 »

2009年6月23日 (火)

2009年6月22日 新天地へ・・・流山鉄道甲種輸送と異動の挨拶

山形・酒田の旅についてはまだ途中ですが、ここで管理人マエストロよりご挨拶があります。

突然ではありますが、7月1日付けで四国は高松の方に転勤することになりました。

実はだいぶ前から打診はあったのですが、即答はできませんでした。

ただ、2年間という期間限定ではありますが、せっかくの機会ですし、仕事以外でもいろいろ見てこようかなという気になりました。

鉄道関係は、東京と比べたらちょっと寂しいですが、通勤に高松琴平電鉄を使うということで、今から楽しみな面もあります。

7月から仕事も私生活でもいろいろな部分で新しい生活がはじまることになりますが、今後とも鉄道関係や鉄道模型ネタの記事を充実させていきたいと思います。

しばらく更新が不定期になりますが、引き続きよろしくお願いいたします。

そんな中、本日地元西武鉄道から自分と同じように新天地に旅立つ車両がありました。

元西武新101系2両が流山鉄道用に改造され、譲渡されました。

その様子を午前中休暇を取って撮影して参りました。
まずはこちらの画像から。

Simg_4769

新秋津の側線に停車中の EF65-1057

今回の甲種の牽引機になるようです。

Simg_4780

西武鉄道の作業服を着た方が降りてきました。いよいよやってくるようです。

Simg_4782
Simg_4784

E31+E34に連れられてやってきた流山鉄道5000系 2両編成。青色に白色で「N」のマークが描かれています。

Simg_4788
Simg_4793

Simg_4799

新秋津の訓練所では、訓練が行われていました。

Simg_4801
Simg_4803
Simg_4810

EF65-1057に牽引機をバトンタッチ。

ここまで撮影して、新秋津駅のホームに移動します。内回りのホームから甲種を狙います。

Simg_4813

望遠レンズで遠目に確認できます。

そして、定刻通りに新秋津駅を通過していきました。

Simg_4851
Simg_4855
Simg_4864

自分が新天地に旅立つ前に、地元から新天地に旅出つ甲種輸送を撮影できて本当によかったです。流鉄5000系には愛着が沸きます。一緒に頑張ろう流鉄5000系!!

« 2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その6)~山形から酒田へ快速最上川に乗車する。 | トップページ | 【模型】異動記念にJR四国の車両を初入線です。 »

撮影日記」カテゴリの記事

甲種輸送」カテゴリの記事

私鉄:西武鉄道」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

>GOさん
コメントありがとうございます。新しい場所で住むことは不安がたくさんあります。でも、早くなれていろいろ楽しみたいと思います。2年後、寂しさを感じるようになりますかね~。

たしかに、岡山にも大阪にも近い場所です。いろいろな鉄道活動を楽しめると思うとうずうずしますね。ここでいろいろご報告したいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

 転勤とのこと。最初は慣れない地域で不便を感じるかも
しれませんが、住んでいくうちに必ず良さを感じると思い
ます。私は最初の職場が宇都宮で、最初は馴染めなかった
ですが、9年過ごし新潟に異動になった時は、宇都宮を
離れるのに寂しさを感じました。

 高松だと四国でもあり、橋を渡れば岡山にも行けるし、
淡路島経由で大阪にも行ける地域でもありますね。きっと
また違った鉄な世界が見られるかと思います。

 2年後に離れる時に寂しさを感じられるぐらい充実した
生活になるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479913/30235970

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年6月22日 新天地へ・・・流山鉄道甲種輸送と異動の挨拶:

» 西武鉄道 ブログ [日刊コラムニスト]
西武鉄道の事情に詳しい方に質問です。1. 6000系のような地下走行車両には先頭の「... 西武鉄道の事情に詳しい方に質問です。1. 6000系のような地下走行車両には先頭の「貫通扉」が必要というのは聞いたことがあるのですが、2000系や4000系のような地上専用車で「貫通扉」があるのはなぜなのでしょうか?2. 他社線では「貫通扉」という名の通り、先頭どうしを連結している部分で通り抜けができるようになっているのに、現在の西武鉄道ではそうしていないですよね。これはいったいなぜなのでしょうか? こ... [続きを読む]

« 2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その6)~山形から酒田へ快速最上川に乗車する。 | トップページ | 【模型】異動記念にJR四国の車両を初入線です。 »

無料ブログはココログ