フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

入線記録

2009年6月25日 (木)

【模型】Bトレインショーティー「西武30000系」入線

つづけて鉄道模型ネタです。

地元の西武鉄道で昨年より導入されている新型30000系「スマイルトレイン」がBトレインショーティーで発売されました。ショーティーではなく、Nゲージでの購入を考えていましたが、これは買うしかありません。2セット購入して4両編成ができるようにしました。

Img_6849

他に、Nゲージで走行できる車輪と動力もあわせて購入。

Img_6850
Img_6853
Img_6854
Img_6855

ばらばらのパーツをこのように組み立てます。

Img_6856

うーん、Bトレインショーティーとはいえ、前面はいい雰囲気をかもし出しています。Nゲージサイズでの販売も待ち遠しいですね。マイクロあたりが本命でしょうか。

そういえば、ついに東京メトロ10000系がグリーンマックスから完成品として発売されるようですね。地元西武鉄道を走行する車両のひとつとして購入の検討を開始します。

最後に西武30000系の編成写真です。

Img_6921
Img_6923
Img_6926

西武30000系、今年度は2編成導入される予定です。これは山口・下松から甲種輸送されます。この甲種輸送の様子は四国転勤後は岡山あたりでキャッチできそうです。ぜひ写真に収めたいですね。(仕事が休めるか・・・。)

2009年6月24日 (水)

【模型】異動記念にJR四国の車両を初入線です。

久々に模型ネタです。

こう、実車の話題や旅行記ばかりの記事を書いていると模型の活動をしていないかのようですが、暇があれば短時間でもレイアウトを走行させています。

当鉄道「東村山高速鉄道」は、分割式レイアウトで3枚のパネル(ベニア板)で構成されています。ただ、さすがに四国へは持っていくことはできないので、このレイアウトでの走行は実家に帰ってきたときのお楽しみにして、四国ではひさびさにあまっている線路で単線のお座敷レイアウトで走行させようと思っています。

通称「東村山高速鉄道高松支線」といったところでしょうか。

さて、定額給付金という臨時収入がありましたので、鉄道模型の購入予定リストには入っていませんでしたが、自分なりの異動景気づけにマイクロエースの「JR四国2000系+N2000系特急南風+うずしお 7両セット」を購入しました。

もちろん、高松支線の記念すべき第1列車にする予定ですが、早速本線で試運転させました。

Img_6904

マイクロエース JR四国 2000系 特急南風 4両編成

四国島内の高速道路網整備に伴い、特に四国山地を横断し急勾配・急カーブが続く土讃線において、特急列車の速度向上を目的としてJR四国と鉄道総合技術研究所(鉄道総研)が共同で開発し、1989年(平成元年)に富士重工業で2001・2201・2101の3両が製作された。ちなみに、試作車の愛称“TSE”は、“Trans Shikoku Experimental”(四国横断実験)の略である。

西暦2000年を目前に開発されたことから、『2000系』という日本国有鉄道(国鉄)式の「キハ」等の文字を使用せず四桁数字だけで表記する私鉄車両のような形式称号が付与された [1]。 以後、JR四国の新型車両は1000形気動車、7000系電車、8000系電車、6000系電車、5000系電車、1500形気動車と四桁数字だけの形式称号を名乗ることとなった。

以上ウィキペディアより抜粋。

ぜひ先頭のグリーン車に乗車してみたいです。2000系ということで電車かと思っていましたが、気動車だったんですね。

Img_6905

反対側の前面です。

そして、もう1種類。

Img_6919

マイクロエース JR四国 N2000系 特急うずしお 3両編成

高徳線において最高速度130km/h運転を行うために、本系列を基本に1994年(平成6年)に製造された智頭急行HOT7000系の技術をフィードバックして製造した改良型である。そのため、このグループはN2000系と通称される。在籍する16両のうち、編成を固定のうえで限定運用されるのは12両のみで、その他の車両は予讃線・土讃線でも運用される。全車が富士重工業で製造された。

搭載エンジンの出力は330馬力からHOT7000系と同一の355馬力(コマツ製SA6D125H-1)に増強され、基礎ブレーキ装置も量産車の踏面ブレーキからディスクブレーキに改められ、滑走防止装置が搭載された。また、環境問題を考慮して、冷房装置の冷媒には代替フロンが使用されている。客用扉のロック方式が量産車と異なり、5km/hを超えると「パスッ」の動作音とともにロックされる。

以上ウィキペディアより抜粋。

JR高徳線でよく走っている特急のようです。おそらく今後よく目にする車両となりそうです。実はまだ1度も見たことも乗ったこともありませんが・・・。

この7両はマイクロエースよりセットで発売されています。当鉄道のマイクロエース車の入線は1年ぶりのようです。所沢の模型屋さんで展示品の最後の品を購入できました。このタイミングを逃すと当分購入できないのでよかったです。

引越しや新生活を始めるにあたっていろいろお金はかかりますが、これだけは許してください(笑)四国へ行っても鉄活動やる気満々です!!

Img_6918

スラブレール区間で並ばせてみました。

Img_6908

ホームで並ばせてみました。

Img_6902

最後に現在良く目にしているJR東日本のE231近郊形とJR四国2000系の並び。実車ではまずありえないコラボレーションです。

2009年6月20日 (土)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その4)~山形鉄道フラワー長井線に乗車する

引き続き山形・酒田の旅についてです。

5月16日

Simg_3362

Simg_3364

赤湯駅 JRホーム側の駅舎

携帯国盗り合戦をかねたこの旅。この日中に山形県内の場所を国盗りしたいと考えていた。しかし、「長井」は山形新幹線からは盗ることができない。JR米坂線の今泉駅まで行けば盗る事ができることがわかっているのですが、米沢まで行って今泉まで往復しては本日の最終目的地の「酒田」までたどり着くことができない。タクシーとかも考えたのですが、やっぱりもったいないですね。

ふと時刻表を眺めていると、この赤湯駅から山形鉄道フラワー長井線が走っていることに気づきました。ダイヤを見てみると今泉まで往復しても十分間に合います。

そこで、赤湯から山形鉄道初乗車です。

Simg_3367

山形鉄道フラワー長井線 YR-880形 今泉駅にて

<赤湯駅 14:37 → 213D 山形鉄道フラワー長井線 YR-880形 荒砥行き → 今泉駅 14:58>

Simg_3369

今泉駅での米坂線キハ110形との並び。この山形鉄道フラワー長井線ですが、この今泉駅から先の区間はしばらく米坂線と同じ線路を走ります。できれば荒砥まで往復したかったのですが、時間の都合で今泉で引き返します。

<今泉駅 15:04 → 216D 山形鉄道フラワー長井線 YR-880形 YR-888乗車 赤湯行き → 赤湯駅 15:24>

Simg_3372

YR-888

スイングガールズ塗装車。映画がブームしてからだいぶたっていますが・・・。

Simg_3376

赤湯駅 山形鉄道側。昔ながらの駅舎ですね。

Simg_3375

駅舎の外からYR-888を撮影。

Simg_33。73

赤湯駅に侵入してきた山形新幹線400系つばさ

この後、ふたたび北上して山形駅を目指します。

2009年5月12日 (火)

【模型】2009年4月に入線した車両の紹介

連休も終わりまして、11日月曜日から出勤です。

みなさんは、連休中いかがお過ごしでしたでしょうか?

更新したいことがたくさんあって、何から更新していいのかわかりませんが連休中の遠征や、小旅行についてはおいおいご紹介することとして、まずは4月中に購入した車両についてご紹介したいと思います。

まずはこちらの車両。

Img_6423

KATO EF64-1000 貨物更新色 2両

いよいよ発売になりましたEF64-1000貨物更新色。地元の武蔵野線でもよく見かけるこの電気機関車。当初は1両だけの購入予定でしたが、やはり重連を実現させたいという希望がめばえ、2両の購入となりました。山岳地帯のエキスパートですね。

すでに発売されてからだいぶたっていますので、いろいろなサイトでご紹介されていますが、塗装の滲みについては、2両とも若干にじんでいますが、まぁ、気にならない程度なのでよかったです。

Img_6425
Img_6427

先頭はEF64-1036号機

Img_6438

次位にはEF64-1013号機

石油輸送を想定しての列車です。

Img_6443

EF64にはやっぱり山の風景が似合いますね!!

Img_6444

対向列車は「北斗星」?っていうか実は「夢空間北斗星」です(笑)

Img_6445

スラブレール区間をいくEF64

そして、もう1つも電気機関車になります。

Img_6432

KATO EH200 1両

こちらも山岳地帯のエキスパート。しかも、実車ではEF64の置き換え機になります。新旧の電気機関車が同時入線です!!ただ、今まで山岳地帯はEF64-1000一般色1両しかありませんでしたので、かなり運用の幅がひろがります!!

Img_6454
Img_6455
Img_6457

EH200-1号機を名乗っています。トップナンバーですね。

Img_6449

鉄橋を行くEH200

Img_6450

こちらもやっぱり山が似合います!!

Img_6451

スラブレール区間でスーパーレールカーゴとすれ違います!!実車では・・・さすがにないですかね。

Img_6434
Img_6435

最後は、ホームでならんだEF64-1000貨物更新色とEH200。両機関車の入線でだいぶ当鉄道の電気機関車の類は充実してきました。そのうちまとめてご紹介したいと思います。

2009年4月27日 (月)

【模型】遂に入線!!D51-498オリエントエクスプレスタイプ

4月19日

3月に発売されラウンドハウスブランド発売「D51-498オリエントエクスプレスタイプ」がライト点灯改造を受けてこの日、遂に当鉄道初の蒸気機関車が入線しました。

Img_6182

ラウンドハウス D51-498 オリエントエクスプレスタイプ

いやぁ、かっこいいですね。車輪の動きとか見てて飽きないです。ただ、牽引力は弱いです・・・。

Img_6173

深い意味はないですが、TOMIX EF65-1132 下関機関区との並び。

Img_6178

KATO オリエントエクスプレス’88 8両編成を牽引して本線に入線。

Img_6179

駅に進入します。

Img_6185

ブレブレですが・・・。

Img_6195

スラブレール区間を行く蒸気機関車。

車体が黒いのでフラッシュで撮影したほうがよく写ります。しかし、客車のオリエントエクスプレスを8両にしても当レイアウトの坂を登りきることができません。

なので、実車ではありえない組み合わせですが、D51-498の次位に補機ED75-705をつけて走行しています。これだと、坂を登りきることができます。

Img_6244

いろいろな組み合わせで試してみようと思います。

2009年4月26日 (日)

【模型】2009年3月に入線した車両の紹介(その2)

先日の北陸遠征のときにトワイライトエクスプレスに出会ったことに気を良くして、衝動買いしてしまいました。

Img_6228

TOMIX EF81/24系25形 トワイライトエクスプレス 基本3両・増結Bセット・スシ24-0

当鉄道では8両が基本編成なので、もちろんフル編成はそろえていません。上記の客車6両と機関車1両です。

機関車は104号機を選択したかったのですが、プレートがなかったので一番近いような数字の「44」を選択。

Img_6229

ホームに進入するEF81-44 トワイライトエクスプレス

ここで各車紹介をします。当鉄道オリジナル編成ですが。

Img_6230

(基本セット)オハネフ25-500 

実車ではカニ24-0の次に連結されます。

Img_6231

(単品)スシ24-0 「ダイナープレヤデス」

食堂車の名前、かっこいいですね~。単品「8514」で購入していますので、テーブルランプが点灯します。

Img_6232

(増結B)スロネ25-500

中央の大きい窓のところはスイートルームです。

Img_6233

(増結B)オハネ25-520

Img_6234

(増結B)オハネ25-510

Img_6235
Img_6236

(基本セット)カニ24-0

上記の編成で走行しています。

2009年4月 6日 (月)

【模型】2009年3月に入線した車両の紹介

2009年4月を迎え、新年度の幕開けですね。

その新年度の初更新は、模型ネタでいきたいと思います。

2009年3月中に購入した車両を紹介します。

当鉄道では、毎月車両購入予定を立てていますが、中古ショップなどに立ち寄った際に、普段手に入れられそうにない車両や気に入ってしまった車両などは、予定になくても購入します。(してしまします?)

4月からは諸事情もあって、衝動買いも簡単にはできなくなってしまいますが、3月中はご愛嬌ということで・・・。

Img_6139

TOMIX ED75

当鉄道には、交流専用電気機関車はED79だけでした。購入予定にはありませんでしたが、牽引機のバラエティが広がるので購入してみました。早速、くつろぎ(新塗装)を牽引しています。

Img_6149

TOMIX E233-0 京浜東北線色 7両

TOMIXのE233京浜東北線色が中古で安く販売していたので購入予定にはありませんでしたが購入してみました。中央線のE233はすでに所有していたので今度ならべてみたいと思います。

Img_5949

Img_5952

Img_5955
Img_5957
Img_5964


なお、京浜東北線の入線にあたってはこんな感じで甲種輸送も再現してみました。現実とは違いますが、雰囲気はでていますよね?

Img_6023

KATO E531常磐線 8両

この車両はあまりなじみのない車両ではありますが、臨時収入があったことと、先日勝田へ訪れた際の記念に購入予定リストにはありませんでしたが購入しました。

Img_6025
Img_6027

さすがはKATOという感じの出来ですね。交直両用のパンタグラフまわりや、サロのできなど満足のできるものです。

もう1セット衝動買いしたものがありますが、それは次回に。また、新潟遠征日記もあと1回予定しています。更新する時間ができたら更新します。

不定期更新ですみません!

2009年3月23日 (月)

【模型】2009年2月に入線した車両の紹介

まだ、2月に入線した車両の紹介を行っていなかったので早速紹介します。

時間が遅いのでざっと行きます!!

Img_5786

KATO E351系スーパーあずさ 基本セット 8両

実に発売予告から1年ほど待たされた感じです。当鉄道初の振り子機能搭載車です。ときどき一部区間で脱線してしまいますが、走行性能は本当にいいです。

Img_5801

高架区間を行く、E351系。

Img_5789

583系との離合。

それでは、次の電車の紹介です。

Img_5808

TOMIX 400系つばさ 新塗装 7両

2月14日15日と山形蔵王温泉までスキーへ行ってきたときに、往復で乗車しました。もうすぐ、E3系に置き換わってしまうのが残念です。記念に購入しました。

Img_5676

実車です。(山形駅にて。後追い)

Img_5806

つばさのマーク


つづいてはこちらの車両。

Img_5844

KATO M250系スーパーレールカーゴ 基本・増結セット 8両

当鉄道の貨物輸送増強のための電車貨物です。こちらも待ちに待った再発売です。

Img_5845

先頭車のM250-3。コンテナをはずすとちょっと不恰好です(笑)

Img_5848

T車。

Img_6012

ヘッドマークを取り付けました。マグネット式です。

つづいてはこちらの車両。

Img_5840
Img_5841

グリーンマックス クモヤ143 キット作成 2両

当鉄道初の事業用車両。この車両はいろいろな場面で活躍してもらうことになります。

つづいてはこちらの機関車。

Img_5857

KATO EF64-1001 (茶色) 中古

毎月1両ずつ増殖している電気機関車ですが、この車両は中古で半額近くで販売されていたので衝動買いです。
でも、走行はすこぶる良好です。

Img_5859

まずはサロンエクスプレス東京を牽引して試運転です。

最後は貨車です。

Img_5825

TOMIX コキ200 3両

2月に購入した車両は以上です。

2009年2月17日 (火)

【模型】2009年1月に入線した車両の紹介

1週間以上更新をあけてしまいました。みなさん、お久しぶりです。

平日は仕事、休日は趣味で続けている吹奏楽団の演奏会とその団のメンバーでの山形蔵王温泉スキー場への合宿などイベント盛りだくさんで更新する時間がありませんでした。

今週は仕事も比較的落ち着いているので少しずつ更新していきたいと思います。

今日は、1月に購入した車両を紹介します。

といっても、1月購入の車両は控えめでした。


Img_5660

KATO EF65-1000 貨物更新色 2色+赤プレート

あと、写真はまだ撮影していませんが、TOMIXのコキ200を3両購入しました。

KATOのEF65-1000貨物更新色を購入した理由は、名古屋にいったときに矢橋工業のホキを牽引している姿を見て再現したくなったからです。

そして、再現した写真がこちら。

Img_5665
Img_5666

EF65-1090とKAWAI ホキ9500 矢橋工業

いやー、嬉しいです。なんか、このホキ9500はお気に入りです。

EF65-1000の機関車はTOMIX製のものも所有していたので比べてみました。

Img_5656

KATO貨物更新色とTOMIX下関機関区

正面はどちらも遜色ないです。ただ、うえから見てみると、

Img_5661

KATOの方が大きいですね。サイズ的には個人的にTOMIXの方がいいなぁと思います。

さて、次回は遅くなりましたが、2月の購入予定の公開です。

2009年1月14日 (水)

【模型】2008年12月に入線した車両の紹介(その2)

前回の記事から1週間が経ってしまいました。平日も休日も、公私共に忙しくてある意味充実はしているのですが、ブログの更新ができないのと、なかなか鉄道活動に割ける時間がなくてそれは悲しいです。

でも、暇があれば模型をいじっています。

さて、今回も12月に購入した車両の紹介です。

Img_5619

TOMIX 583系特急電車(クハネ581)基本5両セット

当初は583系きたぐにを予定していたのですが、急遽予定を変更して、秋葉原のポポンデッタをふらっと訪れた際に残っていた新品を購入しました。本当はクハネ583の方が欲しかったのですが、細かいところまでこだわらない自分としてはまぁ問題ないです。

むしろこのディティール、素晴らしいです!!現在、JR東日本で残っている583系は6両編成なので、ばら売りでパンタグラフがついている車両を売っているところがあればもう1両購入したいですね。

Img_5621

Img_5633


ホームでオリエントエクスプレスとならぶ583系


Img_5639

定番の撮影ポイント、スラブレール高架区間で285系サンライズエクスプレスとならぶ583系

余談ですが、12月に購入しておきながら入線するのがこの日になってしまいました。というのは、年末の大掃除でケースごとどっかにやってしまって見つからなかったからです。ゴミ袋の中まで探しましたから。

無事、棚の奥から発見されたときは嬉しかったです。

そして、12月は貨車も購入しました。

Img_5300
Img_5301

KAWAI ホキ9500 矢橋工業10両セット

名古屋に行ったときに見かけたこの石灰石を運ぶホキに一目ぼれ。当鉄道の貨物はコンテナと石油輸送が中心ですが、これでまた一つアクセントができてよかったです。

Img_5325

EF65-1132が牽引。ホキ9500にはEF65-1000番が良く似合う?

Img_5326

良く見ると、貨車も一両ごとに色が微妙に違う?

Img_5329

石灰石の返空です。白い砂利みたいのがケースに入っていますが・・・。当分はこのまま走ってもらいます。

Img_5343

12月入線同士のホキ9500とオリエントエクスプレス

さて、次回の更新は2009年最初の購入予定の発表です。

無料ブログはココログ