フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

JR東日本

2009年6月30日 (火)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その9)~SLばんえつ物語を撮影する。

山形・酒田への旅も今回で最終回です。

越後石山駅に到着した後は、まず、SLばんえつ物語の送り込みを撮影します。

Simg_3670
Simg_3671
Simg_3676

EF81-151牽引 SLばんえつ物語送り込み回送

動くことができるSL自体はじめて見ます。しかも、逆向きに牽引されている姿はなかなか見ることができないのでこれは貴重な画像だと思います。

この後、新潟駅に移動。出発前のSLを観察します。

Simg_3677
Simg_3680
Simg_3681

C57-180

やっぱりかっこいいですね。門鉄デフレクターをつけた姿もぜひ見てみたくなりました。

Simg_3712

12系客車 SLばんえつ物語仕様

なかも拝見させてもらいましたが、とてもレトロな雰囲気があって、ぜひ乗車してみたくなりました。素敵な客車です。

Simg_3716
Simg_3719

送り込み回送を牽引してきたEF81-151 長岡車

Simg_3717

こんな標識が。SL専用の停車標識でしょうか。

この後、再び越後石山駅に移動。今度はSLが牽引している姿を撮影します。そして、黒煙を巻き上げてやってきました。直前まで新潟行きがホームにいましたが、ギリギリセーフでした。

Simg_37332
Simg_3735

うーん、写真は下手ですが、個人的には満足のいくものとなりました。SL牽引の客車。ぜひ乗車してみたくなりました。

と、ここまで書いていたら時間が遅くなってしまいました。もう1回だけ、新潟で撮影したその他の列車について記事にさせてください。

2009年6月29日 (月)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その8)~酒田から新潟へ

みなさん、こんばんは。

いよいよ引越しの日取りも決まりました。7月5日に高松に旅立ちます。それに先立ち、先週木曜日・金曜日に高松の転勤先の職場に引継ぎがてら挨拶に行ってまいりました。

瀬戸大橋線で瀬戸大橋を初めて渡ったり、高松琴平電鉄で今度住むことになる現場を見たりとある意味鉄道関係では充実していました。

そちらの様子もぜひこちらに書きたいのですが、東京いる間は東京の日記を書きます。

ということで、引き続き、山形・酒田の旅の様子を書きます。

5月17日

早朝の酒田駅の様子を撮影したあと、特急いなほ2号で新潟に向かいます。

<酒田駅 5:42 → 2002M 485系3000番 特急いなほ2号 → 新潟駅 7:49>

Simg_3616_2

Simg_3619

485系3000番 特急いなほ2号 酒田駅にて

寝泊りしたのがマンガ喫茶で、あまり熟睡できなかったことがたたり、余目駅を出たところから寝てしまい、気がついたら村上駅の交直転換セクションあたりでした。もっと景色を見ていたかったのですが・・・。

今回のたびの最後の目的地である新潟についた後は、ある電車に乗るため、特急を乗り継いで新津駅を目指します。

Simg_3629
Simg_3631

485系3000番 特急北越2号 新潟駅にて

<新潟駅 7:54 → 1052M 485系3000番 特急北越2号 → 新津駅 8:07>

土日きっぷを使用しているので、こういう乗り継ぎは余裕で出来ます。すばらしい切符ですね。

新津駅では、今日の一番のメイン撮影対象列車であるこの列車が準備していました。

Simg_3635
 Simg_3636

SLばんえつ物語

今日はこの列車を撮影するために始発で新潟まででてきたようなものです。その撮影日記は次回ご紹介いたします。

新津駅からはこの列車でふたたび新潟に向かいます。

Simg_3639

Simg_3644
Simg_3645

583系 急行きたぐに 新津駅にて

<新津駅 8:13 → 501M(3527M) 583系 急行きたぐに → 亀田駅 8:22>

大阪から新潟間を結んでいる、唯一の夜行急行列車です。念願の583系初めての乗車となりました。この列車、新津駅からは快速となり、乗車券のみで乗車できる豪華な列車です。一区間だけの乗車です。座席車に座りましたが、乗車率はそんなにはよくなかったです。いつか、大阪から新潟まで乗車してみたいですね。

亀田駅で下車して撮影場所を探してみたのですが、いい場所がありません。後続列車で越後石山駅へ向かいます。

<亀田駅 8:30 → 429M 115系 普通新潟行き → 越後石山 8:33>

いよいよ、次回は最終回。目的の列車の撮影をご紹介します。

2009年6月26日 (金)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その7)~酒田駅で夜の撮影

本日、いよいよ事前のご挨拶に高松に1泊で出張に行ってきます。仕事がてら行ってきますのでなかなか鉄活動はできませんが、可能な限り鉄道観察もしてきたいと思います。

(この更新は予約して更新しています。)

とりあえず、高松行くまでは過去の乗車・撮影記録を引き続き公開したいと思います。

5月16日

快速最上川に新庄から乗車して酒田に到着したのは、21時12分です。実はこの先、ホテルなどは予約していません。事前に調べた駅から近いマンガ喫茶で一夜を明かすつもりでいました。夜のパック料金まではまだまだ時間がありますので、2時間ぐらい駅で撮影していました。

まずはこちらの貨物列車から。

Simg_3466

4092レ 北旭川→梅田貨物 EF81-10牽引 酒田駅にて

EF81牽引の貨物は、関東地方では常磐線を中心に、一部の武蔵野線の貨物列車で見ることができますが、日本海縦貫貨物では頻繁に見ることができますね。

Simg_3468

561M 酒田発秋田行き 701系

快速最上川から乗り継いで秋田まで行ける最終列車です。

Simg_3472

表示に寝台特急あけぼの 上野行きの表示が。

Simg_3475

4091レ 新潟貨物→札幌貨物 EF81-502牽引

Simg_3482

この4091レは酒田駅で前方に酒田駅に留置していたコキを数両連結します。これは酒田港から運ばれてきたものでしょうか。しかし、この連結作業は、酒田駅の1番ホームに停車中に、本線を牽引してきたEF81-502がそのまま入れ替え作業を行います。なかなか見てて興味深かったです。

Simg_3491

ふたたび連結されて出発準備完了の4091レ

Simg_3499
Simg_3501

2092レ 秋田貨物→東京貨物 EF510-不明 牽引

Simg_3502

酒田駅で上下線の貨物列車が並んでいます。

Simg_3503

234D 酒田発鼠が関行き 

さて、この後、下りホームには電光掲示板にない列車が酒田駅に停車します。それがこちら。

Simg_3509
Simg_3510

EF81-114牽引 トワイライトエクスプレス 札幌行き

酒田駅では客扱いを行っていませんが、機関車のところで運転手と見られる方が待っていましたので、乗務員の交代が行われるようです。

前日、北陸にいったときに初めて目の当たりにしたこの豪華客車トワイライトエクスプレス。いつみても豪華です。

Simg_3529

レストラン食堂車「ダイナープレヤデス」

Simg_3530

3分程度の停車で発車していきました。

一度、大阪から札幌まで乗り通してみたいです。そして、次はこの寝台特急。

Simg_3548

EF81-138牽引 寝台特急あけぼの 上野行き

さすがに露出は限界ですが、記録としてご紹介します。酒田駅から結構の乗車がありました。意外に子供連れのお客さんが多かったですね。

Simg_3557

あけぼのの表示幕

Simg_3559
Simg_3560
Simg_3564

数少ない寝台特急の1つです。いつまでも走り続けて欲しいですね。この短時間の間に結構な数の列車が撮影できました。

さて、5月16日の撮影はここまで。この後、近くのビジネスホテルに惹かれつつベッドで寝てしまうと、翌日の始発の特急に乗れないため、マンガ喫茶のソファーで休むことに。

しかし、最近のマンガ喫茶はシャワーもありますし、贅沢をしなければ一夜くらいなら十分に過ごせますね。

5月17日

マンガ喫茶での一夜を明けて5時ごろ酒田駅へ。

Simg_3566

雨の朝の酒田駅前

Simg_3568

2091レ 東京貨物→秋田貨物 EF510牽引

駅着いたらいきなり貨物列車がお出迎え。

Simg_3571

酒田駅構内の様子。現在は使用していないホームのようです。昔はここから酒田港方面へ列車が走っていたようですね。

Simg_3572

酒田駅に留置しているコキ。

Simg_3577

EF81-137牽引 寝台特急あけぼの 青森行き

昨日、上りの上野行きを撮影しましたが、この列車は下り列車です。あと4時間ぐらいで青森に着きます。

Simg_3582
Simg_3584
Simg_3587
Simg_3592

青森まで頑張ってください!!その後、2091レが発車。そして、もう一本下り貨物がやってきます。

Simg_3609

3099レ 福岡貨物→札幌貨物 EF81-2牽引

九州から北海道まで貫く貨物列車ですね。しかも、EF81-2はEF81の最若番台車ですね。いいものが撮影できました。

この後、始発の特急で新潟を目指します。


2009年6月22日 (月)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その6)~山形から酒田へ快速最上川に乗車する。

引き続き山形・酒田への旅の日記にお付き合いください。

5月16日

Simg_3428
Simg_3429

山形駅前の様子。

左沢まで1往復したあとは、ふたたび山形新幹線に乗車して新庄へ北上する。ただ、まだ時間があるので山形駅でよくみる電車の撮影。

Simg_3422

719系5000番 

この編成、実は新庄駅でも見かけてます。

Simg_3439

701系5500番

東北地方の交流区間ではよく見かける701系の標準軌道専用。

Simg_3437

E721系0番

仙山線の電車です。狭軌道専用です。この地方の新型車両です。

<山形駅 18:58 → 123M 山形新幹線 つばさ123号 E3-2000番 → 新庄駅 19:41>

Simg_3447

新庄駅で並んだ山形新幹線のE3-2000番。しかし今日乗車した山形新幹線はすべてE3-2000番でした。400系にも乗車したかったのですが・・・。

Simg_3452

701系秋田地区 2両編成

Simg_3449

701系秋田地区 3両編成

新庄駅で目撃した701系です。たしか、0番台です。

Simg_3454
Simg_3458

JR陸羽西線 キハ110系200番 快速最上川 酒田行き

<新庄駅 20:16 → 3131D JR陸羽西線 快速最上川 酒田行き キハ110系200番 キハ111-218乗車 → 酒田駅 21:12>

長かった鉄道の旅もこの列車が最終ランナーとなります。この快速が陸羽西線の最終列車です。この列車に乗るために、赤湯から山形鉄道に乗車したりと行程を組むのが大変でした。

Simg_3455
Simg_3456

「奥の細道 湯けむりライン」とはたしか、陸羽西線の愛称名ではないような気がしますが・・・。陸羽東線と陸羽西線は共通運用なのでしょうね。

さて、この列車に乗車して本日の最終目的地酒田を目指します。乗車率は70%ぐらいでしょうか。快速とはいえ、通過するのは高屋・清川・南野の3駅だけ。あ、羽越本線内は通過ですが。しかし、余目駅に着くまで下車する人は一人もいませんでした。

Simg_3462
Simg_3464

JR陸羽西線 170D キハ110系200番 上り最終列車 余目駅にて

「奥の細道 最上川ライン」が陸羽西線の愛称です。この黄色いラインのキハ110系200番が陸羽西線用ということになりますね。

Simg_3463

JR羽越本線 232D 酒田→鶴岡行き 余目駅にて

余目駅からは羽越本線に入ります。こちらの気動車は新潟色のものですね。

このまま、快速最上川は酒田までノンストップで行きました。

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その5)~JR左沢線で左沢まで1往復する。

引き続き山形・酒田への旅の続きです。

5月16日

山形鉄道フラワー長井線に乗車して今泉駅まで1往復して携帯国盗りの「長井」を盗って、赤湯駅からふたたび山形新幹線に乗車して、北上します。

しかし、土日きっぷは新幹線の自由席乗り放題ですからね。こんなに簡単に気兼ねなく新幹線に乗れるなんて素敵です。

<赤湯駅 15:38 → 117M 山形新幹線 つばさ117号 E3-2000系 → 山形駅 16:01>

Simg_3379
Simg_3380

つばさ117号 E3-2000系の表示。

さて、山形駅についた後は、携帯国盗りの山形新幹線からは盗れない「寒河江」を盗るため、JR左沢線に乗車します。

Simg_3381

JR左沢線 キハ101形 101-7

山形駅に到着したときに6番ホームに停車していた左沢線専用のキハ101形です。この車両いったん、引き上げ線に引き上げて、寒河江からやってくる1342Dをホームに入れます。

Simg_3390

1342D キハ101形 101-9

そして、引き上げ線によけていた101-7+101-3の2両編成が101-9との2両編成に連結して、4両編成になって左沢行きとなります。

Simg_3394

連結前。

Simg_3395

ふたたびやってきた101-7+101-3の2両編成。

4両編成になったキハ101で左沢を目指します。

<山形駅 16:28 → 341D JR左沢線 キハ101 4両 101-3に乗車 → 左沢駅 17:10 → 左沢駅 17:17 → 346D JR左沢線 キハ101 4両 101-9に乗車 → 山形駅 17:57>

Simg_3397

国盗り自体は、終点までいかなくても途中の羽前金沢駅あたりで盗れるのですが、結局同じ編成に乗車することになるので、終点まで乗り通して往復いたします。

Simg_3398
Simg_3399
Simg_3401

左沢駅の様子。そういえば、先日左沢線でSLが運行されたようですね。ターンテーブルなどの設備がない左沢から山形までの折り返しは逆向き牽引だったようですね。見てみたかったです。

Simg_3403
Simg_3404

左沢駅まえの様子。タクシー1台とお土産屋さんが1件ありました。しかし、日中は10時台に1往復、12時台に1往復、その後は16時台に1往復と、かなり間隔があいています。訪れる際には気をつけてください。途中の寒河江までは1時間に1往復あるようです。

Simg_3402

左沢駅で編成全体を撮影。4両編成も最初はいらないような気がしたのですが、寒河江駅から先ではかなりの乗車がありました。

Simg_3396

JR左沢線は通称「フルーツライン左沢線」とも呼ばれています。

Simg_3405

奥羽山脈の山々には雪がつもっていました。

Simg_3412

フルーツ畑と山形市街を撮影。柴橋→羽前高松間です。さくらんぼですかね~。

Simg_3417

2ドアしかなくて車内はロングシートとなっています。

2009年6月20日 (土)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その4)~山形鉄道フラワー長井線に乗車する

引き続き山形・酒田の旅についてです。

5月16日

Simg_3362

Simg_3364

赤湯駅 JRホーム側の駅舎

携帯国盗り合戦をかねたこの旅。この日中に山形県内の場所を国盗りしたいと考えていた。しかし、「長井」は山形新幹線からは盗ることができない。JR米坂線の今泉駅まで行けば盗る事ができることがわかっているのですが、米沢まで行って今泉まで往復しては本日の最終目的地の「酒田」までたどり着くことができない。タクシーとかも考えたのですが、やっぱりもったいないですね。

ふと時刻表を眺めていると、この赤湯駅から山形鉄道フラワー長井線が走っていることに気づきました。ダイヤを見てみると今泉まで往復しても十分間に合います。

そこで、赤湯から山形鉄道初乗車です。

Simg_3367

山形鉄道フラワー長井線 YR-880形 今泉駅にて

<赤湯駅 14:37 → 213D 山形鉄道フラワー長井線 YR-880形 荒砥行き → 今泉駅 14:58>

Simg_3369

今泉駅での米坂線キハ110形との並び。この山形鉄道フラワー長井線ですが、この今泉駅から先の区間はしばらく米坂線と同じ線路を走ります。できれば荒砥まで往復したかったのですが、時間の都合で今泉で引き返します。

<今泉駅 15:04 → 216D 山形鉄道フラワー長井線 YR-880形 YR-888乗車 赤湯行き → 赤湯駅 15:24>

Simg_3372

YR-888

スイングガールズ塗装車。映画がブームしてからだいぶたっていますが・・・。

Simg_3376

赤湯駅 山形鉄道側。昔ながらの駅舎ですね。

Simg_3375

駅舎の外からYR-888を撮影。

Simg_33。73

赤湯駅に侵入してきた山形新幹線400系つばさ

この後、ふたたび北上して山形駅を目指します。

2009年6月18日 (木)

2009年5月16~17日 山形・酒田の旅(その3)~山形新幹線で南下する

ふたたび5月16~17日に土日きっぷを使って行って来た山形・酒田の旅の続きについて記事を書きたいと思います。

5月16日

リゾートみのりに乗車して新庄駅に到着した後は、山形県の国盗りを進めるため、山形新幹線に乗車して南下します。

Simg_3322
Simg_3323
Simg_3341

新庄駅

Simg_3325

新庄駅構内の様子。手前が奥羽本線と山形新幹線の共用区間。奥が奥羽本線のみ。

Simg_3321

JR奥羽本線 719系5000番代 クモハ719-5001 新庄駅にて

奥羽本線と山形新幹線共用区間専用の普通専用電車です。

しばらくすると山形方面に回送表示で出発していきました。ホームの先端で見ていると、どうやら新庄駅の側線に留置されるようです。

Simg_3334
Simg_3336

719系5000番代が狭軌道の陸羽東線をクロスしています。ある意味めずらしいと思いました。

Simg_3326
Simg_3327
Simg_3328

山形新幹線 400系 つばさ

E3-2000番代の導入が進んでいます。じきに400系も淘汰されてしまいます。いい記録になりました。
そして乗車予定の新幹線がきました。

Simg_3342

山形新幹線 E3系2000番代 つばさ

うわさの新型新幹線がやってきてくれました。

Simg_3347
Simg_3349 height="281" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />
Simg_3350

シートのピッチはちょっとせまいような感じがしました。新庄駅始発ですが、車両の60%ぐらいの座席がうまっていました。もっとも指定席の方はそれほどでもなかったようです。

Simg_3353_2

電源コンセント。携帯国盗り合戦も同時進行でおこなっていたので携帯の充電は非常に気になっていたところでこのコンセントはうれしい限りです。東海道新幹線のN700系にも設置されていますね。

<新庄駅 13:17 → 118M 山形新幹線 つばさ118号 → 赤湯駅 14:31> 

Simg_3356

途中で見ることができた飛行機です。山形空港に着陸するようです。

Simg_3359

赤湯駅でならんだ2種類のつばさ。手前がE3-2000番代で、奥がE3-1000番代。目の形が微妙に違うのが見分け方です。

ここである鉄道に乗り換えることになります。つづきはまた次回。

2009年6月15日 (月)

2009年6月12日~昼間の新宿を通過する貨物列車を撮影する。

6月12日

この日は仕事をお休みして、午前中は京葉線を撮影していました。その後はりんかい線を経由して新宿駅までやってきました。

時間を見ると11時45分。そういえば、この平日の日中にこの副都心新宿を堂々と通過するEH500牽引の貨物があることを思い出しました。あと、15分くらいで通過時刻なので中央線上りホームの中野方で待機していました。

Simg_4588

こんな感じの風景です。中央の高いビルが西武新宿駅・新宿プリンスホテルです。新宿の風景であるということの証明です。

いくつかの電車を撮影しながらいよいよ目的の時間。被られないか心配でしたが無事撮影できました。

Simg_4609

3086レ EH500-10牽引 札幌貨物→名古屋貨物

埼京線や湘南新宿ラインが多数走っている中で、ここは山手貨物線だ!と言わんばかりに堂々と通過していきました。大宮操車場から新鶴見まで武蔵野線を迂回するよりここを通過していった方が早いということでしょうか。武蔵野線と埼京線・湘南新宿ラインのダイヤをくらべると明らかに後者の方が過密だと思いますが。日中であれば余裕ありますからこっちを通過させてるのでしょうかね。しかし、EH500を都心で日中に見ることができる貴重な貨物列車です。いつまでも設定しておいて欲しいです。ちなみに、土日も通過します。

ここからは、新宿駅で撮影したその他の列車です。

Simg_4587

185系 田町車?でしょうか?

回送幕での通過です。もしかしたら、大宮車両センター出場?東京車両センター入場?でしょうか?だとしたらある意味貴重です。

Simg_4590

E233系 中央線

Simg_4591

201系 中央線

京葉線撮影時に、青い201系を撮影できませんでした。りんかい線のトンネルから出てきたときに東京車両センターの中に1編成見ることができました。このオレンジの201系も一度ちゃんと写真を撮りに行きたいです。

Simg_4594

70-000系 りんかい線

Simg_4598
Simg_4602

E231系 湘南新宿ライン

Simg_4605

E351系 スーパーあずさ 

2009年6月14日 (日)

2009年6月12日~京葉線を撮影する。

仕事が落ち着いているこの日、職場の許可を得て休暇をとることにしました。(前日も通院のため、休暇だったんですけどね・・・。連休です。)

どうしようか考えていたとき、普段撮影できない京葉線でも撮影しにいこうと考えました。

<東村山駅 → 西武新宿線 → 所沢駅 → 西武池袋線 → 池袋駅 → 東京メトロ有楽町線 → 新木場駅>

早速、京葉線の新木場駅で撮影開始。

Simg_4506

209系500番代 新木場駅にて

ケヨ32編成は209系500番台で京浜東北線から一番最初に転属された編成です。

Simg_4515

E257系500番代 特急さざなみ 新木場駅にて

Simg_4527

209系500番代 新木場駅にて

ケヨ31編成も元は京浜東北線の車両です。

Simg_4538

209系500番代と205系の離合

Simg_4542

205系 新木場駅にて

京葉線に元からいた主力車両です。

Simg_4545

東京方面からやってくる電車はこのように遠くから確認することができます。E257系500番代の10連の特急がやってきます。

Simg_4550

E257系500番代 特急わかしお 新木場駅にて

Simg_4546
Simg_4562

205系 武蔵野線色 新木場駅にて

ご存知の通り、武蔵野線から武蔵野快速として東京駅まで乗り入れています。昔は「むさしのドリーム」と称していたこともありますね。

Simg_4566

205系 京葉線色 新木場駅にて

京葉線の205系には、中央総武線・山手線・武蔵野線・南武線からの転属車両が存在します。この車両に乗車して、南船橋駅を目指します。特に理由はありませんが・・・。

Simg_4570
Simg_4571

南船橋駅の様子。蘇我方面はこのように中途半場に終わっています。次の新習志野駅で待避設備があるので、2面4線にする必要もないのかもしれません。中2線は武蔵野線の折り返し専用になっています。東京方の外側にはもう1本線路を敷設できるスペースがあります。

ここまで来たところで、ふと行きたいところが思いついたので、再入場して新木場へ引き返します。

Simg_4572

Simg_4573

窓が特徴的な205系がやってきました。おそらく山手線からの転属車でしょうか。

新木場からは、りんかい線に乗車します。

<新木場駅 → JR京葉線 → 南船橋駅 → JR京葉線 → 新木場駅 → りんかい副都心線 → 大崎駅 → JR埼京線 → 新宿駅>

Simg_4575

205系 埼京線色

Simg_4576

この先は、京葉線とつながっています。新宿からりんかい線経由蘇我行きなんて、走らせてみたらいかがでしょうか?料金計算とかの問題でできないんですかね~。

2009年6月13日 (土)

2009年6月11日~ホームライナー小田原21号に乗車する

ふたたび6月11日の日記です。

この日、午前中は貨物列車を撮影した後、病院にいきました。

その後はフリー。家で片づけを中心に過ごしていましたが、じっとしていられなくなって、鉄道に乗ることに・・・。

こう考えると自分は生粋の鉄道ファンなんだなぁと実感します(苦笑)

それで、思いついたのが、通勤時間帯に新宿から小田原まで運転されている「ホームライナー小田原号」です。普通のホームライナーなら自分の家の近くを走行している中央ライナーでいいじゃないか、と思うのですが、普段あまり乗車できない215系に乗車できるのと、これまた普段あまり乗車できる機会がない、東海道貨物線の鶴見~横浜羽沢~大船間を走行するからです。

この区間は生まれて初めて乗車します。鉄道塗りつぶしの旅もかねています。

<東村山駅 → 西武新宿線 → 高田馬場駅 → JR山手線 → 新宿駅>

さて、ホームライナーが出発するのは5番線です。普段あまり降りないホームで新宿駅ながら新鮮な気分です。奮発してグリーン車に乗車します。

出発20分前くらいに215系が5番線に入線してきました。ホームライナーの乗車は8号車しかドアは開きません。すでに列ができていましたのでならんで待っていました。

ドアが開いて、8号車から5号車まで歩いて移動。もちろん2階の窓側の席に着席しました。

<新宿駅 19:30 → JR山手貨物線/東海道貨物線(横浜羽沢経由) 3451M 215系 ホームライナー小田原21号 → 藤沢駅 20:21>

大崎から横須賀線に合流するまでは湘南新宿ラインと一緒のルートですが、新川崎の手前で新鶴見操車場の方に線路が移ります。

そして、鶴見駅付近からトンネルに入ります。はじめて乗車する区間ですが、ほとんどがトンネルです。(もちろんわかっていましたけど。)

横浜羽沢の貨物駅では入れ替え作業などをしていました。出発前のコンテナ貨物も停車していました。

そして、ふたたびトンネルに突入して、出てきたら東戸塚でした。

そのまま、貨物線に設置されている藤沢駅のホームに降りました。

Simg_45032

3451M 215系ホームライナー小田原21号 小田原行き 藤沢駅

この後、友達に会うため池袋に引き返すことに。

<藤沢駅 → JR東海道線 → 横浜駅 → JR湘南新宿ライン → 池袋駅>

今日はここまでです。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ